築80年 宮城の古民家リフォーム その③

今日は強風は大変ですね・・・ 交通機関への影響や停電まで。 3時くらいまでは続くようですが早くおさまってもらいたい! 皆さまは大丈夫でしたでしょうか。

今日は石巻でさせて頂いた古民家リフォームの内部紹介です。

 

最初は玄関から。

工事前玄関
工事後玄関

壁の左官と下駄箱のクリヤー塗装、土間タイルにフロアタイルと式台と床を杉で新しくしました。

 

次は広縁の紹介です。

工事前広縁①

 

工事後広縁①

 

工事前広縁②

 

工事後広縁②

床がかなりもろくなっていたこともあり、杉の無垢材を上から貼るように考えていたのですが、一度解体して骨組みからなおして断熱材も入れました。 窓も大きすぎたのと老朽化していたので小さいものに取り換え、上の木枠の窓は枠類をそのまま使って壁としました。 なるべく雰囲気を崩したくなかった部分です。

 

次は部屋の方にうつります。 まずは北面の納戸状態だった洋室から。

工事前洋室
工事後洋室

このスペースは激変! だと思います。 天井は解体して高くつくりなおしました。低かった理由は上が屋根裏部屋になっていたからですが、そのことをご家族だれも知らず、タンスなどが出てきてびっくり!!という珍事もありました。

工事前洋室天井上

床と正面の壁には杉の無垢材を使用。 地元素材なので地産地消リフォーム。

 

ちょっとボリュームが大きくなってしまったので、続きは次回にしますね。

キッチンと和室の紹介になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です